Discography

4歳より故・福井巌の下でヴァイオリンを始める。

都立芸術高校卒業後.コーガン直系のセルゲイ・I・クラフチェンコ師からの推薦を受けチャコフスキー記念国立モスクワ音楽院へ入学。2010年同音楽院を首席で卒業。審査員満場一致の推薦を受け、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院「第141回卒業演奏会」で演奏。その模様がチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院・オフィシャルホームページにて公開。

2002年国際コンクールTeacher & Student(ロシア・モスクワ)で優勝。同年、ウラジーミル・スピヴァコフ財団に招聘され、クレムリンやモスクワ市内での演奏会に出演。テレビ放映される。2007年ロシア・トリアッティーにおける第11回「音楽家のための国際コンクール」弦楽・ヴァイオリン部門優勝。2010ブルガリア「音楽と地球」器楽奏者と作曲家の為の国際コンクール(ソフィア)ソリスト部門にて優勝。

2004年ミュージックフェスティバルポルトガル、2005年イタリア音楽セミナー、2007年ポーランド国際弦楽器セミナー、2008年ギリシャ国際ミュージックフェスティバルへ参加、演奏会に出演。ディプロマを授与。


20世紀の偉大なるピアニスト、グリゴーリ・ギンズブルグを父に持つエリザベータ・ギンズブルグと2004年から2010年の間、ラフマニノフスキーホール、ベールイホール、マールイホール、ボリショイ・ホールでの演奏会へ出演、モスクワ市内だけでなく郊外での演奏会へも参加。同時期にロシアを代表する文豪・ブルガーコフのミュージアムでの演奏会へ出演。

在露日本大使館や在露韓国大使館の記念コンサートへ、日本人代表として着物を着て出演依頼を受ける。

2009年日本国際青少年音楽祭にてクラスノヤルスク弦楽オーケストラ(ロシア)・スパークスストリングス(スイス)とソリストとして共演。2007イタリア合奏団(ヴェネツィア合奏団のトップメンバー)とソリストとして共演。

ボリショイ・ホールでは2006年指揮者ボリス・クラシリニコフと共演。ロシア・オブニンスクにて、弦楽オーケストラ「Renaissance」と共演。

これまでに福井巌、硲美穂子、澤和樹、霜佐紀子、セルゲイ・クラフチェンコ各氏に、室内楽をアレクサンドル・A・メルニコフ、イリーナ・B・ミンコーヴァに、ピアノはリーマ・ハナーニナ各氏に師事。

10代の頃からボランティア活動にも積極的に取り組み、これまでに地域の病院や学校だけでなく、国外でも演奏を提供している。

2011年より拠点を日本に移し、日本各地でソロや室内楽の活動のほか、声楽や舞踊とのコラボレーション企画にも参加し、多方面で活動。精力的にソロ活動を進め、活動範囲を拡げている。海外でのマスタークラス、コンクールの審査など、ロシアスタイルでの後進の育成にも力を入れている。

ドヴォルザークやクライスラーの名曲、その他ヴィルトーゾ作品も収めたライブCDをリリース。